タクシー求人

タクシー業界の上下関係のすごさ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

働いて社会に出ている方なら誰しもが、この問題にぶつかると思うのですが、どこの会社でも対人関係や上下関係に悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

ここであえて私が書くタクシー会社に関しては、なんと自主退社率が1割もいかないと言うのですから、人間関係が非常に良いと言えるのではないでしょうか?

実際車に乗って会社を出てしまったら対人関係なんて関係ないと、思っている方が多いと思いますが、実際は会社を出てからの方が人間関係が特に問題になってくる職種なので、今回はその事を記事にしたいと思います。

タクシー業界

これは、ほぼどこのタクシー会社でもそうですが、人間関係がかなり濃厚であると言う事が言えるのです。

タクシー会社では社宅が用意されている所が多く、また乗務員は家族持ちより単身者の方が多いので、仕事が終わっても即、家の帰ると言う事は少なく会社の詰所のような場所で雑談をしたり、食事に行ったり、時には一緒に遊びに行ったりを繰り返すので、普通の会社の人間関係より、濃厚な関係になっているのが現状ではないでしょうか。

また仕事の時も同じ仲間のグループで1つの電車の駅を占領して、ローテーションで回るとういう仕事の戦法を組んでいる、グループもある位ですから行使混合は、仕事の一つの手段と言っても過言ではないのです。

それほど濃密な人間関係ですから、人間関係でトラブルが起こるのではないかと思うのですが、もしトラブルがあったとしても仲介する人間が必ず現れるのでトラブルが大きくなると言う事はまずないのです。

何故ならば仲介役をする人と言うのは、会社でも立場の強い人間が仲介をしますので、その人の顔を潰すと言う事は、そこの会社では働けないと言う事にもなりかねないので、大きなトラブルには発展しないと言うのが、実情ではないでしょうか。

 

以上のようにタクシー会社と言うのは、通常の会社では考えられないほど人間関係が濃厚なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket