タクシー求人

タクシー業界は団塊の世代をどう乗り切る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この問題は本当にどこのタクシー会社でも頭を抱えている問題ではないでしょうか。

後5年もしたら団塊の世代の方々の年齢が70代に突入してしまうと言う事です。

しかしタクシー業界では年齢的な縛りが今の所は無いですが、今後タクシーの乗務員が事故など起こってしまった場合には、明確な年齢制限を設けるようになるでしょう。

それに厳密に言うならばタクシーも雇用されている以上65歳が本当は定年なのです。

しかしこれには、からくりが有って、正規雇用をしないでバイト扱いにする事によって年齢の制限が解けるのです。

しかしタクシー事故のほとんどが高齢者の運転なのです。

タクシー業界の対応方法

まず一番初めに取り掛からなければいけないのが若手の人材確保ではないでしょうか、確かに何処のタクシー会社でも人材募集の看板は出ていますが、待遇面をもっと強調するなど、今の若手が望んでいる事などを社風として取り入れていくことが大事ではないでしょうか、例えばどのタクシーにもWi-Fiを搭載していて、客待ちをしている時でも、退屈しないなど若者が目を引くようなサービスを、もっと充実させていかなければいけないと思います。

その次に執り行わなければいけないのが、女性の雇用をどんどん促進していく事ではないでしょうか。

女性を雇用する為には、託児所を併設するなど色んなアイデアが有ると思います。

特に女性客は女性乗務員の方が良いと言う国土交通省のアンケートでも回答が返ってきているのですから、積極的に女性乗務員の確保にタクシー会社は努力をしなくてはいけないのではないでしょうか。

以上のようにタクシー業界が人手不足になるのは、火を見るより明らかではないでしょうか、当然この問題を解決できる会社に関しては、お客が減る訳では無いですから成長を成し遂げるでしょう、逆に解決できない会社に関しましては、投打されてしまうのではないでしょうか、以上のように団塊の世代の問題は、タクシー業界ではかなり大きな問題なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket