タクシー求人

「TAXI」タクシーで事故

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

えあたしたちが日々何気なく乗っているタクシーですが、もし事故に遭遇してしまっつたらどの様になるのでしょうか?

日々運転するタクシーですから、事故に遭遇する機会も多くなってしまいます。

当然運転手さんに過失が多い事故はさすがに件数が圧倒的に少ないのですが、それでも追突などの事故に巻き込まれる可能性は、毎日運転しているのですから私達よりも格段に多いのではないでしょうか?もしタクシーに乗っていて事故に遭った場合にはどうなるのでしょうか、今回はタクシーに乗っていて事故に遭ってしまった場合、どうなるのかを記載したいと思います。

①事故担当

タクシー会社は例外なく事故担当を雇用しています、警察のOBの方が多いようですが、もし交通事故に遭遇したら、乗客で乗っている場合は相手方の保険会社の担当が決まるまで、タクシー会社の自己担当員が対応してくれますので、安心して今後どのようにしたら良いか等、相談をする事が出来ます。

もし運転手の方に過失があったとしても事故担当の方が、治療終了までしっかりと担当してくれますので安心出来ます。

また2004年からタクシーの車両には任意保険の加入が義務付けられていますので、もしもの事故に対しての補償問題も安心です。

但しタクシーの保険の場合は共済に加入していることが多いので、普通の保険とは違いタクシー共済が担当する事になります。

②共済

しかし共済とはいったいどの様な物なのでしょうか?タクシー共済や他にもトラック共済と言う言葉を耳にした事は無いでしょうか、タクシー共済と言うのはタクシー会社が寄り合って出資し自分たちで運営する共済組合なのです。

以上の2点を組み合わせて考えると、もし自分がお客様としてタクシーに乗っている時に、タクシーの運転手が過失割合がの高い事故を起こした場合には、まずタクシー会社の事故担当が対応します、そしてその間にタクシー共済の者に事故の詳細が伝えられ、今度はタクシー共済が治療費や休業損害また慰謝料の支払いをすると言う仕組みになっています。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket